アスレティック・ムーブメント・スキル
スポーツパフォーマンスのためのトレーニング
  • 著:
    Clive Brewer
  • 監訳:
    広瀬 統一(早稲田大学スポーツ科学学術院)
  • 定価:
    4,644円(税込)
  • 頁:
    400ページ
  • 判型:
    B5判
  • 発行年月:
    2018年10月
  • ISBN:
    978-4-905168-56-0

内容

 コーチングとは,アスリートが最高のパフォーマンスを発揮するために,克服すべき問題を解決する手助けをすることであり,コーチやトレーナーはアスリートがより高いパフォーマンスを発揮できるように科学的見地からトレーニングプログラムを計画し指導する。
 本書はこのような指導者のために,幅広い年齢層や異なるパフォーマンスレベルのアスリートのパフォーマンスを向上させるために「何を,どのように」,そして「なぜ」指導するのかに関する情報を提供することを目的とした。
 本書を読むことで,指導しているアスリートがパフォーマンスの向上のどの段階にいるのかを明らかにすることができ,この先どのようなトレーニングをすればよいかを知ることができる。
 本書はトレーニングプログラム計画のどの段階でも活用可能である。第1章〜第5章では身体がどのように動き,それらがどのように改善できるかについて解説し,第6,7章ではこれらの情報をどのようにトレーニングプログラムに反映できるかを,パフォーマンスの評価方法とともに示した。第8章〜第10章ではさまざまな種目のアスリートを対象にした,多方向への動作スピードやパワーを高めるための指針について解説し,第11章でこれらの情報を統合したエクササイズの例を示した。
 本書は,指導者はもちろんアスレティックトレーナーやアスリート自身にとっても有用であり,これまでに学んだ科学的知識をどのように実際の指導に落とし込むかについて知りたい学生にとっても有益な内容である。

目次

第1章 動作スキルの発達
第2章 生体運動機能を理解する
第3章 運動系の発達パターン
第4章 効率的な力の制御:動作の力学的機能
第5章 競技動作における姿勢の重要性
第6章 姿勢評価
第7章 段階的カリキュラムの計画:動作スキル学習と身体的−力学的トレーニングに関する検討
第8章 ランニングスピードとアジリティスキルの向上
第9章 ジャンプ動作とプライオメトリックスキルの構築
第10章 ファンショナルトレーニングの段階的プログラムを立案する
第11章 練習計画作成の基礎

序文

訳者一覧

広瀬 統一,干場 拓真,福田 崇,吉田 早織,安藤 豪章,馬越 博久,飯田 聡,大西 史晃,越田 専太郎,倉持 梨恵子