ストレッチ・トゥ・ウィン
スポーツパフォーマンス向上のための柔軟性プログラム
  • 著:
    Ann Frederick
    Chris Frederick
  • 監訳:
    中丸 宏二(寺嶋整形外科医院リハビリテーション科)
    小山 貴之(日本大学文理学部体育学科)
  • 定価:
    3,240円(税込)
  • 頁:
    208ページ
  • 判型:
    B5判
  • 発行年月:
    2019年1月(予定)
  • ISBN:
    978-4-905168-58-4

内容

 「ストレッチ・トゥ・ウィン」とは,スポーツパフォーマンスを向上させる効果のある柔軟性プログラムのシステムである。柔軟性を評価する「筋膜可動性評価」,「ストレッチウェーブ」と呼ばれる波状運動,牽引を利用する独特の方法を,写真とともに解説する。

Tim Hightower(NFLサンフランシスコ49ers ランニングバック)
 「私はプロのアスリートとして常に体を酷使しているので,体が硬くなり,回復が遅れてしまうことがある。しかし,ストレッチ・トゥ・ウィンのプログラムを使うと,体がリセットされ素早く回復できるので,1年中高いレベルでプレーすることができる。これは,私のトレーニングに欠かせない非常に重要なプログラムである。」

Bertrand Berry(NFL ディフェンシブエンド,現在は引退。2004年プロボウル出場,オールプロ選出,2008年NFCチャンピオンシップ進出)
 「ストレッチ・トゥ・ウィンのプログラムは,単なる準備運動ではない。体の動かし方や,体をケアする方法がわかるようになるので,ピークパフォーマンスを発揮でき,ケガも予防できる。」

目次

第1章 柔軟性を最適にするための10の原則
第2章 柔軟性の解剖学と生理学
第3章 柔軟性トレーニング
第4章 スポーツパフォーマンスにおける柔軟性
第5章 柔軟性の評価
第6章 基礎的な可動性のためのストレッチング
第7章 スポーツのためのダイナミックストレッチング
第8章 アシステッドストレッチング
用語集

序文

訳者一覧

中丸 宏二,小山 貴之,瓦田 恵三,徳永 涼,山内 智之