Sports Physical Therapy Seminar Series1
ACL損傷予防プログラムの科学的基礎
  • 監修:
    福林 徹(早稲田大学スポーツ科学学術院)
    蒲田 和芳(広島国際大学保健医療学部)
  • 編集:
    渡邊 裕之(北里大学医療衛生学部)
    鈴川 仁人(横浜市スポーツ医科学センター整形診療科)
    片寄 正樹(札幌医科大学保健医療学部)
    横山 茂樹(吉備国際大学保健科学部)
  • 定価:
    3,240円(税込)
  • 頁:
    160ページ
  • 判型:
    B5判
  • 発行年月:
    2008年4月
  • ISBN:
    978-4-931411-74-6

内容

 本シリーズは,スポーツ界での活動を志す理学療法士が集まって書かれた,最新の外傷・障害の予防と治療の実践的書である。
 第1巻では,スポーツ医学で大きな問題となっている前十字靱帯損傷を取りあげ,損傷予防の視点からみた。
 疫学的側面,危険因子,発症メカニズム,予防法などの各側面から多数の文献を引用し,いわゆるmeta analysisの形で詳細な検討を科学的に加えた。1つひとつの文献を詳細に紹介し,そのポイントを記載しており,現時点での前十字靱帯損傷予防のバイブルになりうる。

目次

第1章 ACL損傷の疫学および重要度
 1.疫学および経済的損失
 2.スポーツ種目
 3.性  差
 4.発生機転

第2章 ACL損傷の危険因子
 5.解剖学的因子
 6.ホルモン因子
 7.神経・筋因子
 8.バイオメカニクス的因子
 9.外的因子

第3章 ACL損傷のメカニズム
 10.質問紙調査
 11.ビデオ調査
 12.合併症からみたACL損傷の発生メカニズムの推定
 13.スキー外傷調査

第4章 ACL損傷の予防プログラム
 14.補装具(ブレース)
 15.予防メカニズム-筋力の観点から-
 16.神経筋協調訓練
 17.各種予防プログラム

序文

著者一覧

八木 茂典小笠原 雅子,河村 真史,杉野 伸治,鈴川 仁人,清水 結,坂田 淳,玉置 龍也,小田 節,能 由美,山本 大造,吉田 真,板橋 哲,山内 弘喜,吉村 直樹,佐藤 孝二,永野 康治